馬プラセンタのメリットとプラセラ原液

プラセンタ原料

プラセラ原料のサラブレッド

プラセンタの原料には哺乳動物の胎盤が使われています。

 

現在は豚、馬、羊が使われていますが、最も多く使用されているのが豚のプラセンタです。
これは食肉として生産されている豚が多いという事も関係してくると思われます。馬や羊は食肉として生産される量は豚に比べて圧倒的に少ないと思われます。

 

以前は牛が主に使われていましたが、BSE,狂牛病の発生以来、人への感染を避けるため、現在は牛の胎盤は使用されていません。
ただし、現在までプラセンタ製剤が原因とされる人への感染は確認されていません。

 

馬プラセンタ原液使用の美容液はこちら

 

 

 

また、魚(主に鮭)や植物を使用したものも販売されていますが、植物性や魚類を原料とした場合、栄養豊富ではありますが、EGFやFGFといった成長因子が含まれていないため、哺乳動物を原料としたプラセンタ製品とは別物だと考えた方が良いでしょう。

 

植物製の場合、種子の芽がでる部分の胎座を使用しています。胎座も英語では同じく「placenta」と呼んでいる部分です。
魚類の場合は卵を包む部分の卵巣膜を使用しています。

 

また、人間の胎盤は注射薬、点滴薬に使用される医薬品以外には使用されていません。
逆に動物の胎盤が注射や点滴に使用される事もありません。


馬プラセンタと豚プラセンタの違い

プラセラ原液の配合

馬プラセンタの利点

馬の胎盤は豚よりも肉厚でしっかりしていて、アミノ酸の量が300倍も多いといわれています。

 

一回の出産で一頭の仔しか出産しないため濃厚な成分が期待できるとされています。
豚に比べて衛生管理や病原菌の管理面でより安全性が高いとされています。
また馬の体温は38℃から40℃と比較的高く、寄生虫の発生がないことも安全性が高いといえるでしょう。

 

プラセラ原液は国産のサラブレッドを原料としています。
サラブレッドは抗生物質などの薬品も極力使われていないため安全性に優れているといえるでしょう。

プラセラ原液の初回限定購入はこちら


 

豚プラセンタの利点

人と体重も近く、組織的に近いため馴染みやすいともいわれています。
生産量が非常に多いため、原料は安いコストで生産されいます。
必然的に商品の価格も安く設定することができます。



 
プラセラ原液 馬と豚プラセンタの違い